モンスターカレンダー

« 2010年6月 »
123456789101112131415161718192021222324252627282930

オタマジャクシの飼育は難しいよ(涙)

97匹のオタマジャクシ」まではまあまあ順調そうだったオタマジャクシの飼育。

その後激変してしまいましたicon:face_shock
いい方に激変なら良かったのですが、悪い方へと......icon:face_shout

まず、ヒメツメガエル(コンゴツメガエル)のオタマジャクシたちの様子はというと......

97匹のオタマジャクシ」を書いたあと、オタマジャクシの飼育プラケが過密状態で水が汚れやすくなったんで、変態し終わったカエルたちを別のプラケに移動してもらったんです。

ところが何がいけなかったのか、翌日からポロポロ落ちるようになってしまいましたicon:face_shock
今度は喉に赤虫を詰まらせて...ではない感じ。
大の字に体が硬直して、仰向けになって沈んでたり浮かんでたり。

この数日の間に数十匹は落ちたんじゃないでしょうかicon:face_mistakeicon:sweat

オタマジャクシの飼育プラケも洗って同じ水を使ったのに、オタマジャクシの方は落ちません。
もちろん、オタマジャクシ水槽と同じように、日に何度か部分水替えを変態完了カエル水槽もしていました。

原因がさっぱり分からないけれど何か手をうたなければと、変態完了カエルたちのうち元気そうなカエルたちはベランダのビオトープへ移住してもらいました。

左の鉢が親ガエル、右の鉢が幼カエルの棲家
hime_otama21.jpgその時点で皮膚にもやもやが付いているカエル(脱皮中のただの古い皮なのかもしれないけど)は、念のためグリーンFリキッドで薬浴させてます。

左が変態中のオタマジャクシ水槽、右が薬浴中の幼カエル水槽
hime_otama22.jpgそれなのに今朝、また1匹落ちてましたicon:face_shout なぜなの~icon:face_mistakeicon:ecstoramationicon:question

変態し終わっても気を抜いちゃいけないんだ~と、今回の件で改めてオタマジャクシ飼育の難しさを痛感icon:lightningしたのでしたicon:face_expressionlessicon:mystify

そして病気療養中のベルツノガエルのオタマジャクシ角(つの)ちゃんはどうなったかというと......

水面に浮いたままの状態になったんで、グリーンFリキッドより強い薬エルバージュエースにした方がいいのかもと薬液を変更したところ......一晩たったらお腹の皮下に空気がたまっていて、さらにひどい状態にicon:ecstoramationicon:face_shout
転覆した状態で、水面に浮きっぱなし、仰向けになりっぱなしになってしまいましたicon:face_shockicon:sweat

beru_otama6.jpgこれはもう瀕死の状態ではないのicon:ecstoramationicon:question
このままの状態でも餌の赤虫は食べるんですが、正直もうダメだろうと思いましたicon:face_shout

エルバージュエースが強すぎたのかもしれないとグリーンFリキッドに薬液を戻し、様子を見ることにしました。(その間0.5%塩水浴も継続して並用しています。)

そもそも左脇腹にあった白いモヤモヤ(薬浴して黒っぽい色になった)が何なのか調べてもよく分からなくて、金魚や熱帯魚の病気の直し方を真似ている素人療法です。
もしかしたら全ての対処法がベルツノガエルのオタマジャクシにとっては間違っている可能性もあります。
でも診てくれる獣医さんもいないし、自力でなんとかしてやるしかないのです。

様子を見ていると、ほんの少しずつでしたが体力を回復しつつあるのか、ときどき正常な姿勢で水底に沈めるようになっていきました。

beru_otama7.jpgでも、あいかわらず左脇腹に付いているモヤモヤは無くならずicon:face_sadicon:sweat
写真で赤い○で囲ったところが、そのモヤモヤです。
薬浴前よりモヤモヤ具合が小さくなったけれど、しつこくまだ残っていました。

いつまでもスッキリ取れないそのモヤモヤはピンセットでつまんで取ってやった方がいいのかもicon:question

そう思って水槽を覗きこんだ瞬間のことでしたicon:ecstoramation
角ちゃんが自分で暴れて体を数回ばたばたとくねらせたとき、脇腹から黒い物体がゴソッと出てきて床底に沈みましたicon:ecstoramationicon:ecstoramation

beru_otama8.jpgなんだ、こりゃicon:face_surprisedicon:ecstoramationicon:question
こんな大きな物体がお腹の中に入っていたのicon:question げげげのげっーicon:face_shout
表面に見えてたのはコレの一部だったのかicon:questionicon:questionicon:question

この物体が出たあとのオタマジャクシの左脇腹には、ぽっかりと穴があいてるしicon:face_surprisedicon:sweaticon:sweaticon:sweat

beru_otama9.jpg昨日のことです。ほんと驚愕icon:face_surprisedの出来事でしたicon:sweat

でも、この黒い塊が病変の全てだったのか、体から物体が出たあとは餌への食いつきがものすごく良くなったんですよicon:note

口元に赤虫の塊をピンセットで近づけると「ジュボボッ」と音を立てて吸い込むようになったんですicon:sparkling

それまでは塊を近づけても1本づつしか食べず、すぐに満腹になっていたんだけど、謎の物体排出後は赤虫を何本もまとめてズルズルッとたくさん食べるようになってくれましたicon:face_self-conscious_smile

今日もバクバク食べてますicon:note
これは回復の兆しなのかな~icon:question
このまま完治してくれるといいな~icon:sparkling

そう願いつつ餌やりしていると、食べた赤虫の一部がしばらくして左脇腹の穴から出てくるところを見てしましましたicon:face_shock

これって、内臓にも穴があいてるってことですよねicon:face_shouticon:questionicon:questionicon:question

角ちゃん、きみはなんでこうも次から次へと心配させるのicon:question
どうやらまだしばらくは気が抜けそうにありませんicon:face_sadicon:mystify
 にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ  にほんブログ村 その他ペットブログ リクガメへ  にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ


トラックバック(2)

トラックバックURL: http://keromin.info/mt/mt-tb.cgi/115

ベルツノガエルのオタマジャクシのその後です。「オタマジャクシの飼育は難しいよ(涙)」で一旦持ち直したかのように見えたベルツノガエルのオタマジャクシ・角(つ... 続きを読む

いまさらですが「カエル・サンショウウオ・イモリのオタマジャクシハンドブック」という本を買って読んでいたら......衝撃の真実を知ってしまいましたそこには... 続きを読む

コメントする

Insert Emoddy tag

MT42BlogBetaInner

このブログ記事について

このページは、もけもけが2010年6月13日 20:44に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イエアメの空ちゃんが緑ちゃんに抱きついた!」です。

次のブログ記事は「ペコちゃん」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • sakura-pose32-5.jpg
  • sakura-pose32-4.jpg
  • sakura-pose32-3.jpg
  • sakura-pose32-2.jpg
  • sakura-pose32-1.jpg
  • sakura-pose32.jpg
  • sakura-pose31-1.jpg
  • sakura-pose31.jpg
  • DSC00137-Edit-2-1-wide.jpg
  • DSC00137-wide.jpg
Creative Commons License
このブログはクリエイティブ・コモンズでライセンスされています。
ケロミンな日常携帯サイトへはコチラ↓からどうぞ。
ケロミンな日常携帯サイト
関連サイトを探したい方はコチラ↓からどうぞ。
にほんブログ村 コレクションブログ 動物グッズへ
にほんブログ村 その他ペットブログ バーチャルペット・ペットロボットへ
にほんブログ村 その他ペットブログ カエルへ
にほんブログ村 その他ペットブログ リクガメへ
にほんブログ村 その他ペットブログ 爬虫類へ
MovableType(MT)テンプレート 無料(フリー)
Powered by Movable Type 4.261